ラ・バヤデール-4



Bayadere 2

●この動画は…

第22回ヴァルナ国際バレエ・コンクール(2006年)より
「ラ・バヤデール(バヤデルカ)」。

※この動画のダンサー名・ダンサープロフィール等は不明です。



ヴァルナ国際バレエコンクール2006年動画



※→より動画がご覧になれます
  (画質のあまりよくない動画もありますので、ご了承ください)。


海賊-1  MATHIAS DINGMAN(アメリカ)
  Bグループ:ジュニア部門
  BOYS第1位(ゴールドメダル)
  →海賊
  →海賊(コーダ)



海賊-3  SASHA DE SOLA(16才、アメリカ)
  Bグループ:ジュニア部門
  GIRLS第3位(ブロンズメダル)
  →海賊
  →パリの炎



※以下の動画のダンサー名・ダンサープロフィール等は不明です。


Cygne noir-1  →Cygne noir



ジゼル-4  →ジゼル



ラ・バヤデール-3  →ラ・バヤデール



リーズの結婚-1  →リーズの結婚



ジゼル-5  →ジゼル



パキータ-1  →パキータ



Cygne noir-2  →Cygne noir



Soli Ter-1  →Soli Ter



パキータ-2  →パキータ



ラ・バヤデール-4  →ラ・バヤデール


  →第22回ヴァルナ国際バレエコンクール2006年受賞者
  →ヴァルナ国際バレエコンクールとは

第22回ヴァルナ国際バレエコンクール2006年



<受賞者>


●Aグループ:シニア部門

ヴァルナ・グランプリ(ゴールドメダル) 該当者なし

WOMEN:

  第1位(ゴールドメダル) 該当者なし
  第2位(シルバーメダル) EKATERINA BORCHENKO
                    (ベラルーシ共和国)
               LAUREN LOUISE CUTHBERSON
                    (イギリス)
  第3位(ブロンズメダル) SEUL-KI PARK(韓国)
               MARIJA KICHEVSKA
                    (マケドニア共和国)

MEN:

  第1位(ゴールドメダル) YASSAUI MERGALIYEV
                    (カザフスタン共和国) 
  第2位(シルバーメダル) PETR BORCHENKO
                    (ベラルーシ共和国) 
  第3位(ブロンズメダル) YOUNG-DO LEE(韓国)
               AUBERT VANDERLINDEN(ベルギー)

●Bグループ:ジュニア部門

ヴァルナ2006特別賞    IVAN VASILEV(ベラルーシ共和国)

GIRLS:

  第1位(ゴールドメダル) 該当者なし
  第2位(シルバーメダル) EKATERINA OLEINIK
                    (ベラルーシ共和国)
  第3位(ブロンズメダル) FEI FEI YE(カナダ)
               SASHA DE SOLA(アメリカ)
               HYANG GEE HONG(韓国)
BOYS:

  第1位(ゴールドメダル) MATHIAS DINGMAN(アメリカ)
  第2位(シルバーメダル) YOUNG-GYU CHOI(韓国)
  第3位(ブロンズメダル) KADIR OKURER (トルコ共和国)

●ファイナル(決勝)出場者

  HITOMI TAKEDA (日本)
  ALLISTER MADIN (フランス)
  AIDOS ZAKAN(カザフスタン)
  NIKOLA HADJITANEV (ブルガリア)


  →ヴァルナ国際バレエコンクールとは
  →第22回ヴァルナ国際バレエコンクール2006年動画

ヴァルナ国際バレエコンクールとは



ヴァルナ国際バレエコンクールは、隔年毎の7月にブルガリア最大のマリンリゾート地であるヴァルナで開催されているバレエコンクールです。「緑に囲まれた野外ステージでのバレエコンクール」というロマンティックなセッティングがこのコンクールの伝統であり、シンボルとなっています。

現在、ロシア、アメリカ、日本、スイス、フランス…世界各国で同様の国際的なバレエコンクールが開催されていますが、1964年にスタートしこれら全ての基となったヴァルナ国際バレエコンクールは、その権威においても知名度においても今もって世界最高とみなされています。

その知名度の高さは、ここ30年の多くの輝けるスターダンサー達ー
ナタリア・マカロワ、ミハイル・バリシニコフ、ナタリア・ベスメルトワ、アニエス・ルテステュ、森下洋子、パトリック・デュポン、イヴリン・ハート、ニーナ・アナニアシヴィリ、シルヴィ・ギエム、ウラジミール・マラーホフ、フェルナンド・ブフォネスー
等が初めて世界的に認められた舞台がヴァルナ国際バレエコンクールであるという事実にも支えられています。


 「ヴァルナにおいて賞を勝ち得たバレエダンサーは
  バレエのプロフェッショナルとしての成功を既に確約されている。
  賞を得られなかったダンサーでさえも、
  (ヴァルナ国際バレエ・コンクールに出場したという事で)
  それぞれの国ではより名の知れたダンサーと見なされるのだ。」
                  (フランスの報道より)



  →第22回ヴァルナ国際バレエコンクール2006年受賞者
  →第22回ヴァルナ国際バレエコンクール2006年動画

ローザンヌ国際バレエコンクールとは



ローザンヌ国際バレエコンクールは、全世界の15才から18才のプロを目指すバレエダンサーを対象にしたコンクールです。スイスのローザンヌにて毎年1月の最終週に開催されており、日曜の決勝戦(ファイナル)は一般にも公開されています。

このコンクールの最大の特色であるスカラシップ賞を獲得したダンサーには協賛のバレエ学校/バレエ団への一年の留学/研修資格と奨学金が授与されます。このため、多くのバレエダンサーの登竜門となっています。

最近ではアジア系の参加者が増え、日本からも毎年多くの若手が参加しています。このコンクールで入賞し、現在活躍している日本人のバレエダンサーとしては熊川哲也さん、吉田都さん、中村祥子さん、上野水香さん等があげられます。

2007年は「ローザンヌ国際バレエコンクールは2度目の挑戦」という河野舞衣さんが見事2位に輝き、「キリアン・バリエーション」がお見事だった吉山シャルル・ルイ・アンドレさんがコンテンポラリー賞を受賞しています。

   → ローザンヌ国際バレエコンクール2007年
   → ローザンヌ国際バレエコンクール2006年

ローザンヌ国際バレエコンクール2006年



<ファイナル出場者>
(→より動画がご覧になれます)


くるみ割り人形-1  セルゲイ・ポルニン(16歳、ウクライナ) 
  スカラシップ賞/観客賞
  →くるみ割り人形
  →ドン・キホーテ



グラン・パ・クラシック-3  グォ・チンウ(16歳、中国) 
  スカラシップ賞/コンテンポラリー賞
  →グラン・パ・クラシック
  →ドン・キホーテ



眠れる森の美女-1  ホン・ヒャンジ(16歳、韓国)  
  スカラシップ賞
  →眠れる森の美女
  →コッペリア



ライモンダ-2  森志乃(16歳、日本)  
  スカラシップ賞
  →ライモンダ



ドン・キホーテ-2  チャン・イジン(16歳、中国)  
  スカラシップ賞
  →ドン・キホーテ
  →グラン・パ・クラシック



コッペリア-3  ヴァディム・ムンタギロフ(15歳、ロシア)  
  スカラシップ賞
  →コッペリア
  →ジゼル



ライモンダ-1  セリーヌ・ギッテンス(18歳、カナダ)
  →ライモンダ



ラ・バヤデール-2  イオアナ・アヴラーム(17歳、キプロス)
  →ラ・バヤデール
  →ドン・キホーテ



グラン・パ・クラシック-4  ダヴィド・チェンシーメフ
    (17歳、ポーランド)
  →グラン・パ・クラシック
  →ラ・シルフィード



ジゼル-1  北村由希乃(16歳、日本)
  →ジゼル
  →グラン・パ・クラシック



ドン・キホーテ-1  福田友美子(15歳、日本)
  →ドン・キホーテ
  →ジゼル



コッペリア-2  チェ・ヨンギュ(15歳、韓国)
  →コッペリア
  →ジゼル



   → ローザンヌ国際バレエコンクール2007年
   → ローザンヌ国際バレエコンクールとは

ローザンヌ国際バレエコンクール2007年



<ファイナル出場者>
(写真のあるものは→より動画がご覧になれます)

パク・セーウン(韓国) スカラシップ賞
河野 舞衣(日本) スカラシップ賞 観客賞
キム・チャーリー(韓国) スカラシップ賞
ジェームス・ヘイ(イギリス) スカラシップ賞
テルモ・モレイラ(ポルトガル) スカラシップ賞
ディリア・マシューズ(イギリス) スカラシップ賞
Jia Yong Sun(中国)
Charles-Louis Yoshiyama(日本) コンテンポラリー賞


ラ・バヤデール-1  Ksenia Ovsyanick (ベラルーシ共和国)
   →ラ・バヤデール

Daniel Vizcayo Martin(スペイン)
Dao Yuan Chen(中国)
Yoshihisa Arai (日本)


   → ローザンヌ国際バレエコンクール2006年
   → ローザンヌ国際バレエコンクールとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。